この単盃は1から創った物で、
昔からのヘリが極端に反り上がったものではなく、
純粋に日本酒を楽しむために、フォルムはシンプルに仕上げました。

サイズは大きすぎず、小さすぎず。

蒔絵を楽しむのにも、蒔絵が一番バランスよく見えるサイズとしました。
実際、探してみるとないんですよね。
程よいサイズ、フォルムって・・・・・・・。蒔絵 朱盃

日本酒を注ぐと、金蒔絵が山吹色の黄金に見え、
浮き上がってくる感覚になります。

日本酒を心から楽しむ為の単盃です。
皿立てに立ててオブジェとしても華やかな雰囲気を
出すことでしょう。

蒔絵は、高蒔絵、研ぎ出し蒔絵。縁金と豪華な手法です。
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。

Link list

「古今和歌集のすごい秘密」平成和歌所