蒔絵の制作工程を紹介します。

漆で竹薮と邸宅を描きそこに金の粉を蒔きました。
手前の土手の部分に金の板を四角く切った切金を貼り付け、 さらにその手前に、水文様を描き金を蒔きました。

img00411

上の画像は金を蒔いた後に、すっぽりと漆を塗りかぶせ、乾燥後に漆を研いで下の金を出していきます。
邸宅と手前の土手を研ぎ出したところです。

suzuri_sagyo111

全部を研ぎ出した物です。
漆を研ぎ出す時は、サンドペーパーや木炭を使用します。
金粉などは全体の高さの半分くらいまで研ぎ減らします。
木炭で研ぐ?とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、木炭の方が仕上がりは綺麗です。

img00311

これは、上の研ぎ出した後に、砥ぎ傷などを磨き上げて艶を付け 更に、細かいところの線を描きあげたところです。
この線も、漆で固めてすべてを磨き上げて完成となりますが、 おおよここまでで1ヶ月以上の時間が必要です。

suzuri_sagyo211

以上、ここまでは砥ぎ出し蒔絵をご紹介いたしましたが、 この他に、簡素な平蒔絵(漆で描いた後に、金や銀の細かい金属粉を蒔いただけのもの)、また、絵を盛り上げて描く高蒔絵(たかまきえ)、高蒔絵と砥ぎ出し蒔絵を合わせた肉合蒔絵(ししあいまきえ)などがあります。

Link list

「古今和歌集のすごい秘密」平成和歌所