蒔絵スタジオを立ち上げてから、今日5月31日で丸9年が経ちました。
最初は慣れない都会生活。
いろんな手続きや買い物ゴミ出しなど一般生活から、
教室の材料、テキスト、宣伝、対応、指導など全てをやり、
目が回るような生活でした。
 今が何曜日で休みがいつで・・・・・・・なんてどうでもよかったです、
というか余裕がなかったです。
 
 そして最初の1年が今までの生活の10年分の体験に感じました。
そして最初の正月に実家に帰った時、ちょっと横になるか・・・・。
気が付いたら3日経ってました。
 3日気絶したように眠ってました。

 でも1番嬉しかったのは、
蒔絵を知らなった方達が体験にいらして、筆を持ち、漆を付け、
一生懸命蒔絵を描いている姿を見た時です。
 息を殺して一生懸命に取り組むんです。
その時の空気が好きで、やっぱり教室を創めて良かった、
この為に自分は居るんだ。と実感できました。
私の天職、そして輪を広げていこう。
 一気に出来る事ではないが、一歩づつ一歩づつ確実に、そしてそれに伴う
悦びを噛みしめて。
 
 さて10年目突入、これからどうなるのか?
それは20年目に答えが出ているでしょう。(長~~~~~い道乗り)

2014年5月31日