作品が出来上がると嬉しいですね。
今回のは、「ロブ マイヤー」製のガラス大皿です。

ロブマイヤーのガラスは普通のガラスと違い、
とても高温で焼くそうです。その温度になるにはかなりの時間が掛かるらしく
仮に「注文品はいつ出来るの?」なんて聞こうものなら
「神様に聞いてくれ」ってくらい、自然の条件が揃わないと高温にならないそうです。

そのおかげで、とても薄く、とても硬いガラスが出来上がるのです。
なんでも鉛が入っていないそうです。
写真のガラスは30cmくらいありますが、とても軽いです。
正に「名品に重いもの無し」ですね。

蒔絵は東日本の復興や未来に羽ばたく願いを込めて
『鳳凰』を描きました。
完全オリジナルです。
仕上がると直ぐに納めるので、手元にある時間はわずか。

2011年12月7日