という事で、囚人たちの現場を離れまして、
今度は、ヒロインの撮影現場に行きました。
 
 そうそう、撮影の合間にお弁当を食べるのですね、囚人たちや監督さん達と、
あの噂の業界弁当なんです。
 しかし、昼食休憩45分程なんですが、皆さん食べ終わったら直ぐに配置につき練習なんかして、
休憩というにはハードです。

 ヒロインの現場は一転して華やか。
待ってました、これですこれ。
 現場に着いたらすぐに集合記念写真、私は武田哲也さんの隣の監督さんの隣に座らせて頂きました。

 今日の撮影は、美術鑑定事務所。
蒔絵作品が使われるのです。
女優さんは麻生祐未さんと高橋かおりさん。

_MG_0572

 女優さんとそうじゃない方の違いが一番興味ありました。何が違うのかな?なんて思ってました。
いろいろセットの中で位置につきます。
 綺麗な方々ですが、最近の方は綺麗な方も多いしなぁ。なんて思っていましたが、
カメラが廻り本番が始まった途端に、出るんですよ、オーラが。
えっ、これが演技なの?分からないです、全く自然で・・・・・。
 しかも角度を変えて3回くらい同じシーンを撮るのですが、演じきるのです。なりきるというか。
それも1度で決めます。
 これなんですね、プロは。
よく街角でスカウトされたとか、君は綺麗だから女優になれるよ。なんてテレビで聞きますが、
ありえませんね。
 その道のプロはどんな役でも同じテンションで演じきるのです。
カメラや、ほかのスタッフが間近にいても、気にせず、どんな場面もこなすのです。何カットも・・・・。
凄いです。

 高橋かおりさんに笑顔で話された時は、吸い込まれました。
凄い吸引パワーです。あんなの始めてです。
その道にはその道のプロがいて、人知れず努力しているのですね。
いい体験しました。
 
 私に声をかけて下さった。プロデューサーさん、ディレクターさんありがとうございました。

2010年9月10日