一年ぶりに大阪はなんば高島屋の『西から東から私の手作り作品展』に出店しました。
第85回目を迎えるこの催しに、私は7~8年前からお世話になっています。
年に3回のこの催しなので、私は20回位になりますか、お客様も数百名の名簿になりました。
 いや~、中身が濃く、色んな事がありました。
大阪のお客様は、一度気に入って頂けると、ずっと続くんです。
 そして、引き立てて下さるのと、毎回楽しみにいらっしゃるのです。

 私は、今回はほぼ1年ぶりに出店しましたが、
初日に懐かしいお客様が
「待ってたわよ」などと、たくさん来られ、こちらも懐かしい友達に会う感覚なんです。
 隣の大阪出身、とんぼ玉作家のHさんは
「大阪の人は、一度気に入るとずっと付き合うねん。そやから松田さんの事待ってはったんよ」と。
 帰りに、東京と大阪の違いを2人で大笑いしながら帰りました。
土地土地で文化の違いがありますが、不思議ですね。面白いですね。
私は、色んな所で色んな方に出会えるので、とても充実した人生です。

100512 ブルーアンバー
7年位前になるのでしょうか?
その時に買って頂いたブローチを「私は、ずっと気に入ってるねん」と
持ってきて下さいました。パチリ。

 100516 高島屋

 高島屋の屋上が社員の休憩場になっていて、閉店間際に行きましたら、
奇麗な月と星が重なり合っていました。
本当にきれいな夜空でした。
 ああ、明日は大阪とお別れ。いつもですが慣れた頃に帰るんですよね。

2010年5月16日