白金にもサロン形式の教室がありまして、そのオーナーが料理のおもてなし教室を開いている位の食通なんです。
オーナーお奨めの美味が上海ガニの紹興酒付けなんです。
 食せる期間が短い上に、厳選されたカニじゃないと生で食べられないのです。
私は3年越しに食べられました。なかなかタイミングが合わなかったのです。
 最初の画像は、普通の上海ガニ、下の画像が今回の主役『酔っ払いカニ』

21,11上海蟹ツアー

 オーナーは勿論中国の方でルートはバッチリです。
都内で驚くのは、トルコ料理ならトルコ人、マダガスカル料理はマダガスカル、韓国、タイ、ベトナム、イタリアなどと
各国の方がオーナーの本場の味が多々あって、さすが東京だと思います。
 私?越前からやってきた、越前蕎麦職人です。

さて、上海ガニは生きたまま紹興酒付けにして生で食します。酔っ払いカニといいます。
食べた瞬間、『最高の味覚』なんです。
コクがありすぎます、越前カニの半生の焼きガニも最高ですが・・・・・。う、うまい。

21,11上海蟹ツアー (3)

 最高の一日でした。
お店はお客で一杯ですが、段々と賑やかになります。
 勿論酔っ払いカニのお陰で、幸せになるからです。
旨いものは人を幸せにしますね。
ありがとうございました。

2010年1月15日