13,7,12 (32)

Warkshop in

オックスフォードにアッシュモーリアン美術館があります、 バスに揺られる事90分。 ここにはお茶室がある位日本び […]

_DSC4250

Workshop in V&A

今回のメインイベントWorkshopは ビクトリア&アルバート美術館でのWorkshopなのです。 ああ思い出 […]

_DSC3656

私は横文字というと米語が耳に馴染んでいますが、イギリス英語だとまるで見当つかない横文字が多いです。 プライベー […]

_DSC3582

さて去年に引き続き、ロンドンでのワークショップも本格化してきました。 今回は7月4日~21日の滞在、何が起こる […]

先日、私の生き方に大きな影響を与えて下さった恩師が亡くなりました。 しみじみ思い返せば、 日本芸術を教えて下さ […]

蒔絵をロンドンに・・・・・・・・。 ロンドンって初めてだしどんなところだろう?? ローリングストーンズ、ビート […]

有吉&マツコの怒り新党での一コマ。 イングランドプレミアリーグのデラップ選手の活躍がオリジナル過ぎて涙ものでし […]

in around the world

今回で2回目になりました。 早稲田大学の留学生に対する日本文化の講座です。 今回は原発事故の影響で少ないかな? […]

World tour in

今年の終盤はいろいろな蒔絵活動がありました。 海外からの研修生は日本に興味深々なのであります。 しかもここ京都 […]

蒔絵スタジオを設立してかれこれ8年目になるんですが、 作品展も8回目です。まあ順当ですね。 年々進化しています […]

久しぶりに和食を頂きました。 久しぶりの畳の上での食事、 前菜だけでもこの通り柿は寿司、栗の外側は卵の白身と素 […]

さて、1年振りにお伊勢参りに行こうと神社友人と出かけました。 キャッスルイン伊勢は露天風呂が屋上にあり、マッパ […]

Work shop in

ここは新宿、歴博です。 蒔絵体験を選ばれるなんて素敵ですね。 人数が多めなので、スタッフも気を引き締めて対応さ […]

Work shop in

今回のワークショップはアトリエ恵比寿です。 恵比寿駅から2分のアクセスの良さが便利で専門講師の方の熱心な講義で […]

Korea

今年の夏はとてもとても熱かったですねぇ~ そんな熱い中、韓国からメールが届きました。 チョウさん(黒い帽子の方 […]

9月とある日、蒔絵スタジオでドラマのロケがありスタジオになりました。 スタッフ、俳優など総勢30名位・・・い、 […]

 今年世界中が最も注目した都市がロンドンではないでしょうか? 今もパラリンピック開催中ですね。  ボルトにテニ […]

「魂が開く時!」と題し、スピリチュアルカウンセラーの渡邉正雄氏と、ユーストリームで2回めの対談を行いました。 […]

梅雨も終わりに近づいていますね、 朝なのにムシムシ。 さあ、ジョギングでもするか・・。 はいここは外苑です、1 […]

福井には職人さんが結構います、 しかし激減中でもあります。 東洋文明に西洋の尺度が入ったからだと私は思います。 […]

人はいろんなもの、ことに恋をします。 男性は女性に、男性(@_@;) 女性は男性に・・・・・・♡ 私も幾度とな […]

鍛える

健康の為にはじめたジョギングも3年近くになりますか、 散歩からはじめ徐々に慣らしていきましたが、コースをいろい […]

不器用の一心に勝る名人無し

ある宮大工の言葉です。 棟梁が弟子をとる時の基準にしていたそうです。 器用な人は、何でもすぐに出来るし、覚える […]

ドン ジョバンニ

今回もオペラに行ってきました。 かれこれ7~8回目ともなりますと、ウンチク語りたくなるんですねぇ。 まっ、通と […]

わが子

あるドラマを見ていました。 バンドの曲作りをしてる方のセリフ 「唄を作るのは子供を産むようなものなんです」 う […]

櫛かんざし美術館

奥多摩方面に櫛かんざし美術館がありまして、 都内ですが山奥のひっそりとした自然豊かな処なんです。 4月も下旬な […]

にんげん技

ついにあの大投手ダルビッシュがメジャーデビューしましたね、 テレビ放映してたので見入ってしまいました。 WBC […]

そば屋さん

といっても蕎麦は年末なんですけどね・・・・・・・・。 ちょっと時期外れですが、速報です。   教室の男性群で打 […]

茶道の道具

今回は茶道青年部の体験です。 練馬の方々です。 道具として使われるものの他に日常品があるかと思います。 道具は […]

World シリーズ in Kyoto

蒔絵って不思議です、 筆に漆を付けて、それで絵を描く、更に金属粉を蒔きつける。 筆、漆、金属粉 これをいかに美 […]